プロフィール

モカバニママ

Author:モカバニママ
2002.10.17生まれのMochaです。
性別は一応♂です。
食べる事が大好き!
2016.05.19逝去(13歳7ヵ月2日)


2004.5.31生まれのVanillaです。
性別は一応♀です。
抱っこされる事が大好き!
2016.06.11逝去(12歳11日)


生年月日不明のTartです。
性別は一応♂です。
2011年4月、福島第一原発がある大熊町でレスキューされ
縁あってここ湘南で暮らす事になりました。
ナデナデしてもらう事が大好き!


2016.10.08生まれのChiffonです。
性別は♀です。
今のところは目につくもの
全てかじる事が大好き!


管理人:モカバニママ
     ホリスティックケア・カウンセラー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

困ったちゃん・・・

朝からしっかり雨が降る我が地方
昨夕のお散歩をパスしちゃったチビ
排便させるため、レインコート着て朝散歩行くよ!
元々雨の日の出だしはテンション低いチビ
今朝もトボトボしながら出掛けた
それでも、散歩中は左足を上げることもなく
約30分トコトコしっかり歩いたらしい



帰宅後、夫がレインコートを脱がせようとしたら
「キャイーン」って一声
まだ、触ってもいないんですけど



私が足を拭いてる時は泣かない
足を拭き終え、ケージに入れようとしたら
またまた「キャイーン」って一声



でも、フードを与えるといつも通りガッツク
そして食べ終わったらそそくさと自分の好きな場所へ移動し熟睡
831.jpg



ズバリ!仮病でしょう!!




それでも、一応念のため病院へ行き
チビの症状を先生に説明する
で、先生も
「言葉は悪いが、仮病でしょう」(苦笑)



一度痛い思いをし、それがトラウマとなり
また痛いことをされるのでは
身構えてしまい、触られてもいないのに
とりあえず「キャイーン」と泣いてしまうらしい
本当に痛かったら、足をつけないはずだし、バランスも悪くなるはず
それに食欲もあり排便・排尿もいつも通りならば
内臓も悪いところがなく健康とのこと



我々のお守り代わりとして
5回分の痛み止めを処方してもらった
834.jpg




「ボクなんて、ヘルニアで歩けなくなるくらい痛くても泣かなかったよ」BYモカ
832.jpg




「意外にへタレなのね」BYバニラ
833.jpg



股関節が多少は痛いのは事実なだけに
今後の対処の仕方に悩む
全く困ったオヤジ犬だわぁ
スポンサーサイト

凹んでます・・・・

チビの去勢手術から6日目の本日
傷口チェックのために病院へ
何故かしらカートに乗ってるチビ
TS3O03450001.jpg





でもって、待合室でもカートの中で凹んでるチビ
TS3O03460001.jpg






実は明け方から、寝床で身体の位置を変えるたび
ヒュンヒュン泣いていたチビ
朝、モカバニが起きてバタバタし出したので
自分も寝床から起きようとしたら
後ろ足がふらつき、キャインと泣く




えっ、何々どうしたの?!
床のマットレスに伏せしたまま動かず
まさかチビまでヘルニア???
とりあえずフードを食べさせてみよう
食いつき方もよく、完食



どうやら左後ろ足に違和感があるみたい




って訳で病院で診察の結果
股関節に炎症をおこしている模様
股関節形成不全とまではいかないが
関節の動きがスムースではないらしい



先生「それにしても、本当にチビちゃんは痛みに弱いんだねぇ(苦笑)」
手術直後の様子と言い、今の様子と言い
逞しい野生児=チビとのギャップがあまりに大きい




手術直後に処方された痛み止めがまだ残っているので
それを飲ませ、あとは激しい運動を控えて経過観察という事に
診察台の上でも、大人しくしていたので
おかげで抜糸もスムースに済んだ




「オレ、痛いの苦手」BYチビ
830.jpg



デビュー

4/15(日)いよいよチビの去勢手術の日


「何かご主人様達がソワソワして変だなぁ」BYチビ
813.jpg



「それにオイラのボールばっかり撮ってるんだよ」BYチビ
815.jpg



長年連れ添ったこのボールともお別れ
816.jpg




「このボールのおかげで11頭の子宝にも恵まれたのよね」BYバニラ
818.jpg





「もうボールの写真はいいから、朝ごはんにしてくれない?」BYチビ
819.jpg
ごめん今朝は絶食なのよ




そんな恨めしそうな目で見ないで
821.jpg






夫が「ハングリー状態のチビの目の前で俺朝ごはん食べられないよぉ
って言うので、ココスの朝食バイキングに行ってみた
TS3O03410001.jpg
和洋食のメニューで種類もわりと豊富 朝カレーまで!




手作りワッフルも出来るよ
TS3O03400001.jpg
出来立てフワフワなので、これが結構イケル




ごはんも白米の他炊き込みごはんまであった
TS3O03420001.jpg
これで¥799-はお安い




お腹が満たされて帰宅してみれば・・・
フテ寝状態のチビ
823.jpg




10:00am頃に病院へ来るように言われているので
さぁ~チビ、そろそろ出掛けましょうか
「ついにチビもボクの仲間だな」BYモカ
822.jpg




「頑張ってね!!」BYバニラ
817.jpg




病院到着後はまずは心電図測定
今日は前回のように暴れることなく大人しい
先生「この状態ならば手術大丈夫です!」
我々「ホッ
先生「通常は1泊入院してもらうのですが、チビちゃんは夕方にはお返し出来ますから」
我々「あっ、はい・・・・」
って訳で、手術する前から入院拒否られたチビ



午後一の手術で、麻酔中にもし万が一のことがあったらすぐに電話をくれるとのこと
順調にいけば2:30pm頃には終了していることetcの説明を受け我々は一旦帰宅
ここからもう落ち着いていられない彼
私の携帯が鳴る度に「あっ」って驚き
病院からではないとわかると、「はぁ~心臓に悪い」とソワソワしまくり




6:00pmに病院から待ってました!!の電話が入る
「チビちゃんの手術無事終わりました。
 7:00pm頃にお迎えに来て下さい。」



そして7:00pm
先生「福島の野山を駆け回って逞しいチビちゃんのはずなのに
   かーなーりー痛みに弱いですね(笑)」
我々「えっ???」
先生「麻酔から覚めたら、もうショボンとしちゃって
   歩くのもトボトボでした(笑)
   なので、今夜眠れないと可哀相なので
   念のため痛み止めを出しておきます。」

チビの意外な反応に看護士さんや受付の人と大笑い
心配だった肛門の腫瘍は肛門腺あたりの分泌物が溜まって
固くなってしまった物らしく、病理検査に出すまでの物でもなかったとの事
よかったぁ

で、入院室から連れて来られたチビ
あららら、トコトコ歩いて来たよ
どうやら診察室から早く出たい様子
止血剤や前立腺の薬を処方してもらい、さぁ家に帰りましょう




帰路もわき目もふらず一目散に家へ向かってトコトコ歩くチビ
家に着いて部屋に入れるも、モカバニに寄って来られるのが嫌らしく
玄関のケージに逃げ込む
824.jpg
でも、自分の身をどうしたらよいのかわからないらしく
中途半端な体勢のまま
ようやく落ち着き、このまま熟睡



9:00pmになったらフードを与えても良いと言われていたが
まだ熟睡しているのでこのまま寝かせておくことに
すると、深夜2:30am頃にノソノソ起き出し外に出たがる
庭に出すと草をムシャムシャ食べまくる
案の定、ゲボッ
しばらくしてふやかしたフードを与え、痛み止めも飲ませる




そして翌朝7:00am
825.jpg
チビの事が心配で心配で、玄関にマットレスを敷き添い寝をした彼
(これくらい私の事も大事にしてもらいたいもんだわ




まだ凹み気味のチビ
フードをボールに入れるカラカラって音がしても起きて来ない
826.jpg
匂いをかがせたら、ガツガツ食べ始めたよ(苦笑)





傷口を舐めないので、エリザベスカラーを着けずに済む
それだけでも、だいぶストレス溜まらないはずなんだけれど・・・
827.jpg





仕事合間に様子を見に家に戻ると
あららら???ちゃっかりソファーの上で
828.jpg




肛門の周囲もバリカンで刈られ、情けないお尻になっちゃったね
829.jpg





そして、夕方散歩
肛門も3針くらい縫っているので、排便の度に消毒薬で消毒しなければいけないらしい
って事で消毒薬片手に、彼と2人がかりの散歩だよ
TS3O03430001.jpg
なんか、ペンギンのお尻みたい(爆)




足もこんなにしっかり上げられるじゃない!
TS3O03440001.jpg
途中、仲の良いワンコちゃんに会ってすっかりもとの元気を取り戻したチビ
立派な便も出て、帰宅後はいつものチビに復活
抜糸まで、お散歩は控えめにしようね


避妊手術 エピローグ

一昨日でバニラの痛み止めが終わったので
昨日3/15、モカバニ連れてかかりつけの病院へ
モカ体重:10.4㎏
バニラ体重:7.3㎏
どちらも平熱で体調良好


相変わらず診察台の上で、ブルブル&ガタガタ震えまくりのバニラ
脊髄に沿って針をチクチクと軽くあてていくが
緊張で体が硬直して、反応見れず
先生も苦笑い
我々からの経過観察の様子を聞いて
今度は2日に1回の割合で痛み止めが処方された
避妊オペ


後ろ足の踵(?)部分の皮膚がちょっと赤味を帯びていたモカ
念のため塗り薬も処方された
こちらは1日2回、毛の流れに逆らう感じで塗布する



そして避妊手術傷口の消毒も終了!って事に
こんな感じで傷口も目立たなくなってきた
避妊オペ


で、ついでに狂犬病の予防接種も
チト早いけれど、頻繁に起こる地震と計画停電で
先行き不安なので・・・



そしてこの晩、18:20~22:00まで計画停電の我が地域
停電前にモカバニに食事を与え、
我々はロウソクの明かりで食事しようと覚悟していたが
アレレ????
19:00になっても通電してる
結局、停電することなく22:00が過ぎた
ホッとしてのんびり見てたら
いきなり強い揺れ
飛び起きるモカバニ
急いで首輪やリードを付け、いつでも避難できる態勢に
すっかり地震恐怖症になちゃったバニラ
またまた全身震え、呼吸も荒くなってるよ
って思ってたら、滑り止め用カーペットの上でお漏らししちゃった
元々オーバーに怖がるバニラだったのだが
入院→避妊手術→エリザベスカラーとどれも凹むことばかりの初体験
やっと自宅に戻れたかと思ったら今度は地震
嫌なことが重なり、地震がストレスになりつつあるようだ



「昨夜は怖くてチビッちゃいました」BYバニラ
避妊オペ



そして、今日も余震が続く我が家
ワンコ用品だけでも用意しとくかぁ・・・と思い
1食づつ小袋に分けた1週間分のフード、
災害時用ワンコ靴、ウ○チ袋、ブランケット、
ビニールの敷物、水のみボール、ティッシュ類etcを用意
リュックに余裕があればオヤツも入れたいなぁ
避妊オペ



で、肝心の我々人間用はまだ何も・・・・

避妊手術 12日目

避妊手術から12日目 抜糸から4日目の本日
震える頻度は少なくなったが
念のため朝一で病院へ行ってみた



病院までの道のりも相変わらずトボトボ歩き
で、診察台の上ではブルブル震え
呼吸も荒くなり極度の緊張状態に
体重7.6㎏
体温は平熱



先生に抜糸直後から散歩を嫌がり、
散歩後、後ろ足がクロスする事
元気がなく震える回数が多い事etcを説明



診察室と待合室をフリーで歩かせ、じっと観察する先生
カルテを見ながらしばらく考え
「精神的なものならこうまではならないでしょう。
 彼らの世界でいつまでも弱い自分を敵に見せる事は
 危険な事ですから。
 痛みを我慢している感じですねぇ。
 左後ろ足が若干中に入り気味になっているので 
 脊髄を痛めている可能性があります。
 また、猫背になっているのでお腹が痛いのかもしれません。
 とりあえず、痛み止めを出しますので経過観察して下さい。」



と言うわけで1日1回、4日分が処方された
避妊オペ



学会のため今日の午後から日曜日まで休診になってしまうので
明日と明後日、先生から様子確認の電話が入ることになった。
そんなに、シリアスな事なの?とチト不安になる私




帰宅後、フードと共に薬を飲ませる
そうそう、嬉しい誤算でエリザベスカラーが外れたよ
ストレスが軽減されたせいか、スヤスヤお昼寝中のバニラ
避妊オペ


これで、いつもの元気なバニラに戻ってくれればいいのだが・・・

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE