プロフィール

モカバニママ

Author:モカバニママ
2002.10.17生まれのMochaです。
性別は一応♂です。
食べる事が大好き!
2016.05.19逝去(13歳7ヵ月2日)


2004.5.31生まれのVanillaです。
性別は一応♀です。
抱っこされる事が大好き!
2016.06.11逝去(12歳11日)


生年月日不明のTartです。
性別は一応♂です。
2011年4月、福島第一原発がある大熊町でレスキューされ
縁あってここ湘南で暮らす事になりました。
ナデナデしてもらう事が大好き!


2016.10.08生まれのChiffonです。
性別は♀です。
今のところは目につくもの
全てかじる事が大好き!


管理人:モカバニママ
     ホリスティックケア・カウンセラー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Vanilla Island タハア島の旅 Vol.9

タヒチで迎える最後の朝も、太陽がまぶしい
思えば今回は、一度も傘をさすことなく天候に恵まれた旅だった

朝食はこちらのホテルももちろんビュッフェ形式2008タヒチ旅行


但し大型ホテルなのでチト味気ない2008タヒチ旅行


フルーツも種類が少ない2008タヒチ旅行


こちらのホテルも卵はゲストのお好みの調理方法で出してくれる
2008タヒチ旅行


沢庵と甘酢しょうがと焼き海苔があった
沢庵は水で塩気を抜いたような味、しょうがはまぁまぁ。
焼き海苔は完璧湿気てる
欧米では海苔をはじめ海藻類をあまり食べないらしい。
ミネラル不足となっていたので、湿気た海苔でもいただく。
2008タヒチ旅行


さてさて、最終日の今日はあらゆることがお休みなので、ひたすらホテルで過ごすしかない。
プールでは迫力ある体型のおば様方がアクアエクササイズを
2008タヒチ旅行


その間ホテル前のビーチに2008タヒチ旅行


タヒチ本島は離島と違いグレーの砂2008タヒチ旅行


スキムボードで遊ぶ現地の子供達
2008タヒチ旅行


ここにも自由気ままなワンコがいた2008タヒチ旅行


と思ったら、ハイパーな欧米人に追い掛け回される
タハア島のワンコに比べ都会のワンコは辛いネ
2008タヒチ旅行


あら、こちらにも都会のワンコが
2008タヒチ旅行


アクアエクササイズが終わったようなのでプールに戻る2008タヒチ旅行


プールからのナイス・ビュー
2008タヒチ旅行


もしもし、ここは湯船じゃありませんよ2008タヒチ旅行


日がな一日プールサイドで過ごした我々。
気付けばもうサンセットタイム。
2008タヒチ旅行


そうだ!部屋のジャグジー風呂から夕焼けを眺めよう2008タヒチ旅行


日焼けした体にはちょっと熱すぎたが、う~ん極楽、極楽
2008タヒチ旅行


さっぱりしたところで、ディナーといきたいところだが
帰国便は深夜の1:30発
って事は機内食が夜中の3:00頃に出されることに
ジェットラグを失くすためにもそこでふんばらねば
と言う訳でバーでコーヒーとビールだけ飲むことにした。

その前にネットで日本の状況をチェック2008タヒチ旅行



仏語、英語、日本語バージョンのPCが揃っているが、利用者は我々のみ。
そりゃそうだよねぇ~、バカンスに来てるんだもん。
2008タヒチ旅行


チェックアウトも済ませ空港までの迎えのバスを待つ2008タヒチ旅行


ティアレの花ともさよなら。
2008タヒチ旅行


そして機上の人に・・・・・
〔機内食1〕魚のフィレの竜田揚げ、野菜、ライス、他
2008タヒチ旅行


〔機内食1〕仔牛肉のソテー、レーズンライス、他
2008タヒチ旅行


〔機内食2〕鶏肉照り焼き丼、野菜、フルーツサラダ他
2008タヒチ旅行


帰路もシャンパン→ヒナノビールと飲んだがまたまた眠れない私

定刻通り、日本時間午前8:30過ぎに無事着陸
日本人の入国審査ゲートはガラガラ。
それにひきかえ外国人の入国審査ゲートは激混みだった

ホテルの送迎バスを待つ彼。約12時間ぶりにタバコが吸えてホッ
2008タヒチ旅行


成田のホテルからも道路は空いていて、スムースに帰宅出来た
帰宅後、タヒチの空港で購入したティアレのつぼみを食卓のテーブルに活ける。
2008.タヒチの旅


もうひとつは玄関のニッチに飾ってみた。
どちらも約1週間弱くらい楽しませてくれたかなぁ。
2008.タヒチの旅



根気良くこの長々としたタヒチの旅日記にお付き合いいただき
ありがとうございました
近いうちにタヒチを旅される予定の方、またはいつかは・・・と
考えていらっしゃる方の少しでも参考になれば幸いです。


Bon Voyage
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE