プロフィール

モカバニママ

Author:モカバニママ
2002.10.17生まれのMochaです。
性別は一応♂です。
食べる事が大好き!
2016.05.19逝去(13歳7ヵ月2日)


2004.5.31生まれのVanillaです。
性別は一応♀です。
抱っこされる事が大好き!
2016.06.11逝去(12歳11日)


生年月日不明のTartです。
性別は一応♂です。
2011年4月、福島第一原発がある大熊町でレスキューされ
縁あってここ湘南で暮らす事になりました。
ナデナデしてもらう事が大好き!


2016.10.08生まれのChiffonです。
性別は♀です。
今のところは目につくもの
全てかじる事が大好き!


管理人:モカバニママ
     ホリスティックケア・カウンセラー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

モカとヘルニア

2006年7月17日、それは突然モカをおそった。

夜11:30頃モカの後ろ足の異変に気付いた。
いつもならば軽々ソファーに飛び乗っていたのに
自力で上がれなくなった。
どうやら後ろ足に力が入らなくなってしまったようだ。
24時間いつでも食欲旺盛なモカが
オヤツを与えても一切口にしない。
かなり調子が悪い

モカ自身も下半身に違和感を感じるらしく
0:20、 0:40、 2:20、 2:30、と無理して排便する。
腰の辺りをさすってあげようと触るとキャンと鳴く。
呼吸もだんだん荒くなり、一睡も出来ない。

翌朝、一番でドッグトレーナーさんに付き添っていただき病院へ
あれほど痛がっていたのに、診察台の上に乗せた途端大人しくなってしまう。
モカは我慢してしまうタイプのワンコのようである。
「我慢してちゃ、診察にならないよ~モカ~
と心の中で叫ぶ私。

症状から考えられるのは“膀胱炎”か“ヘルニア”との事。
レントゲン撮影と尿検査の結果から初期のヘルニアと診断される。
真上から写した脊髄のレントゲン写真(写真上が頭部)↓
モカレントゲン


こちらは真横から撮影したもの(写真左が頭部)↓
モカレントゲン


モカの場合、脊椎と腰椎の一部に間隔が狭くなってる箇所があり
それが原因でヘルニアを発症したらしい。
獣医師より、ヘルニアは中々完治しにくい病気である事、
手術する方法もあるが、脊髄の手術なのでリスクが大きく
あまりお勧め出来ない事、
今後は運動制限と体重管理が必須となる事etc
説明を受けるが、ショックを受けた私の頭の中に入ってこない。

あ~、あんなに飛ばせるんじゃなかった。
あ~、あんなにバニラと追いかけっこさせるんじゃなかった。
あ~、ハーネスを使っていればよかった。
帰路の車中後悔の念とモカに対して申し訳無い
という気持ちで、涙が溢れて止まらない。

帰宅後、処方されたステロイド剤をパンにくるんで
強引に飲ませる。
14:00頃になりようやくウトウトし始める。
この日の夜も違和感からか、頻繁にトイレ場へ行きたがる。
しかし、2、3歩後ろ足を引きずりながら歩いては
すぐに横になる。

発症から2日目の朝。
排便排尿時の痙攣が無くなり、呼吸も落ち着く。
やけに伸びをしたがる。

発症から3日目の朝。
朝は薬の効き目がうすくなるせいか
一日のうちで一番元気が無い。
しかし、夜は眠れるようになった。

発症から4日目の朝。
本日は朝から覇気がある
フードの食いつき方もいつも通りになる
バニラがモカにちょっかいを出して
引き離すに一苦労する

発症から7日目。
薬を処方してもらいに、私のみ病院へ行く。
ステロイド剤は即効性はあるが、副作用もあるので
一生飲み続ける訳にはいかないとの事。
経過観察しながら、薬の量を減らしていく事になった。

ネットでヘルニアに関して片っ端から調べ
良いと思われる事は色々試してみた。
丁度そんな時にホリスティックケアを実践されている知人に
話を伺う機会が持てた。
モカのためにもまた自分のためにも
ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取る事にした。
ホリスティックケアと言っても、生理学・解剖学について、食と病気について、
アロマテラピーについて、バッチフラワーレメディについてetc
多種多様にわたる。
全てを自分の愛犬に当てはめる事なんて出来ない。
モカの場合Tタッチやマッサージを中心に
私の出来る範囲内で実践している。

発症から約2年経過。
今ではこんなに元気に走り回るモカ
GWのモカバニ


いつまたヘルニアを発症するかもしれないが、
この病気と上手く付き合っていこうね
GWのモカバニ


人生犬生、楽しもう
GWのモカバニ


長々とした文章になってしまったが
モカと同じような病気で闘っているワンコちゃんの
参考にでもなればと思い綴った。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE