プロフィール

モカバニママ

Author:モカバニママ
2002.10.17生まれのMochaです。
性別は一応♂です。
食べる事が大好き!
2016.05.19逝去(13歳7ヵ月2日)


2004.5.31生まれのVanillaです。
性別は一応♀です。
抱っこされる事が大好き!
2016.06.11逝去(12歳11日)


生年月日不明のTartです。
性別は一応♂です。
2011年4月、福島第一原発がある大熊町でレスキューされ
縁あってここ湘南で暮らす事になりました。
ナデナデしてもらう事が大好き!


2016.10.08生まれのChiffonです。
性別は♀です。
今のところは目につくもの
全てかじる事が大好き!


管理人:モカバニママ
     ホリスティックケア・カウンセラー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

チビのお里帰り Vol.3

ようやく今回の旅のメインイベントの日までこぎつけたよ



朝5:00 場所が変っても散歩の催促で
クンクン泣き出すチビ
とりあえず専用ドッグランに3頭放牧
(楽チンだわ~
朝っぱらから叱られるモカ
里帰り




チビだけ早朝散歩に出発
霧雨が降っていて『森のドッグラン』もこの通り
濃霧で視界ゼロ
里帰り






人間の朝食時もモカバニチビは部屋でお留守番
バイキング形式だよ
里帰り
とろろ芋と里芋がとっても美味しかったぁ




さぁ~チェックアウトの前に記念撮影するよ、並んでーー!
里帰り




「なんでチビがセンター取ってるのよ」BYバニラ
里帰り




「無理なんだから、チャッチャッと撮っちゃって」BYモカ
里帰り




チビにセンターポジション取られ、いじけるバニラ
里帰り




それでも諦め切れずに今度は私が挑戦
里帰り
でもこれが精一杯




ワラワラしているうちにチビが興奮してきちゃったよ
里帰り
ドタバタしながら宿に別れを告げ
いざ、いわき市に向けて出発




チビの飼い主さんに会う前に、会いたい方がもう一家族いる
それはまだ、チビの飼い主さん探しをしていた頃の事
大熊町で唯一の動物病院であるN獣医さんに
チビの情報をメールで送り、飼い主さん探しのサポートをして
いただいたのだ
ご自身も震災翌日から避難所生活に入られ
大変な時期に快く私の我がままを聞き受けて下さり
町役場や知人の方々に働きかけて下さった
だからこの機会に直接お会いしてどうしてもお礼が言いたかった!




奇しくも前日の9/10に新たにいわき市で
病院を再開された
里帰り
先生自らがご自分の足で探し歩き、ようやく見つけた物件
ここに至るまでのお話を聴き、大変なご苦労だったのだと頭が下がる
先生の愛犬3頭も約20日間以上ご自宅で耐え
初めて一時帰宅された時にはかなり衰弱されていたとの事
でも今は千葉県と長野県の一時預かりさんのもとで元気に暮らしているらしい




我々が先生のご自宅にお邪魔している間
モカバニチビはこちらの病院の入院室でお留守番
『なかよし動物病院』の初入院患者だね




先生ご一家と痛いほどの固い握手で再会を誓い
いよいよチビの飼い主さんのもとへ



約2ヶ月ぶりの再会
興奮で喉が渇いたらしいチビ
里帰り




震災から丁度半年ということもあって、
飼い主さんの同級生が埼玉の避難先からやはり
会いにいらしていて、再会を祝しすでに皆さんホロ酔い気分
里帰り



「なんかオレ嬉しい~」BYチビ
里帰り




「お父さ~ん、お母さ~ん、懐かしい匂いだよ」BYチビ
里帰り




さらに近くの公園へみんなでお散歩
里帰り




するとここで、前を通りかかった柴犬に思い切り吠え掛かるチビ
飼い主さんが「コラッ」って怒っても
中々吼え止まない
だもんだから、飼い主さんによるスパルタ教育開始!
すると・・・・飼い主さんのズボンに血が
どうしたの?何があったの?





チビの口から血が出てるーーー!!
どうやら往復ビンタを受けた際
舌を噛んでしまったらしい
ひぇーーーと驚く我々とは正反対に
「大丈夫だぁ こんなのすぐ止まる!」と余裕の表情の飼い主さん




チビ、キミは本当に強いんだねと妙に納得する我々



夕食は飼い主さんが焼肉屋さんへ我々を招待してくれたよ
皆さんと一緒に飲みたいところだが
帰路の運転があるのでジッと我慢の私



ここで飼い主さんの息子さんが
「オレが成人式の頃チビが来たから
 もうかれこれ12歳くらいになるんじゃないの?」と一言
えっ、12歳?!
まさかの年齢にブッタマゲル我々
もう今回はビックリさせられてばかり



他にもまだチビを迎え入れた当初
(その頃は室内で飼っていたらしい)
見ながら皆で食事していたら
「アレ?チビがいない」と気付き
部屋中探していたら、庭の池でポチャンって音が

池の中の錦鯉を捕まえようとして落ち
まだ泳げずバシャバシャおぼれかかっていたらしい




チビの話で大笑いしたり、放射線の今後の話で悲しんだり
飼い主さんご一家と貴重なひと時を過ごす事が出来た


福島県って山あり、海あり、湖あり、歴史的建造物あり、
でもその一方では便利で大きな街並みもあり
奥が深いとてもいい所なんだぁ~と再認識した
これもチビが巡り合わせてくれたおかげだね
スポンサーサイト

<< シルバーウィーク | ホーム | チビのお里帰り Vol.2 >>


コメント

本当に良いお里帰りでしたね~!お疲れさまでした。

N獣医さんにも会われましたか。よかったです。
こそこそ、つぶやきまくった甲斐がありました(笑)
もう開院だなんて、人間もままならないのに、
相当苦労されたんでしょうね。

それにしてもチビちゃん、元気な12歳ですね!
まだまだ青春!って感じです。

v-286ココちゃんのママさん
 おかげさまで、重い腰をあげた甲斐がありました。
 ココちゃんのママさんにはサポートしていただき
 本当にありがとうございましたv-436

 N獣医さんはじめ奥様も色々動いてくれたようで
 感謝するばかりです。
 ここに至るまでのお話や先生の愛犬達のお話を伺い
 思わずウルってきちゃいましたv-409
 とにかく先生ご一家も愛犬達と一緒に暮らせるように
 ただただ祈るばかりです。

 チビの生年月日、飼い主さんも把握していないので
 未だ正確な年齢はわからないのですが
 少なくとも10歳は軽く超えているようですv-356

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
チビの新事実、衝撃の帰省ですね(笑)

12歳!
びっくりです。
全然そんな風にみえなかったぁ。
でも元気いっぱいで、RunRunも見習ってもらわないと(-_-;)
たくましく生きてきた分、年齢の割に元気なんでしょうね。

でも、まだまだ復興には程遠い現地。
それが現実なんですね・・・

v-286yokoさん
 ビックリでしょv-362v-364
 我が家の中で一番運動量が多く、一番ごはんの量も多く、
 一番元気なチビv-106
 とても12歳には思えないっす。
 RunRunくんも登山や水泳で鍛えているから
 きっと12歳になっても元気に海水浴してるでしょうv-392

 チビの飼い主さん達は津波の被害は無く
 家もちゃんと残っているのにそこに戻れない・・・
 あまりにも辛い現実ですe-263

12歳って!!
エリーより上なんですけど~(汗) 元気だ!!
過保護過ぎるとダメなのかな?(汗)
でも往復ビンタは出来ないっす(笑)

チビちゃんは飼い主さんとの再会に喜んでいたのかしら?

レジーナ、いいよねぇ~♪
いぬのきもちコテージも良かったけど、オルサも良かったよ!
オルサは温泉にもレストランにも近いから・・・
でも、車が目の前に停めれないのが不便かな。
冬のレジーナはお勧めだよ♪





v-286チィままさん
 いきなりエリーちゃんを追い抜いちゃったv-362v-364
 チビの出生当時の事みなさんウロ覚えで・・・(苦笑)。
 10歳は絶対に超えているらしいっすv-356

 前回の我が家での対面よりマシだったよん。
 怒られながら段々飼い主さんの事思い出したんじゃないかなぁ(笑)。

 大型犬や多頭飼いにとってはレジーナっていいねv-218
 それに人間も楽しめるしv-447v-48
 確かにオルサはレストラン・温泉・ドッグランにも近くて便利だよね。
 我々も滞在中、食事や温泉行くのに車移動だったしv-448
 冬はv-276積もるんだよねぇ?
 我が家チェーンもスタッドレスも持ってないよぉe-263

12歳だったんだぁ!!
逞しく育てられたんだね
ちょっと遠かったかもしれませんが、いい旅でしたね☆

バニラちゃん、センター取られちゃったのぉ
レディーに譲ってくれればいいのに(笑)
茶太豆と撮る時はセンターで撮ろうね~

お疲れ様でした~
福島、遠いよね・・・(涙)
チビ、たくさんの人の手でこうして今があること、
本当に幸せですね~
苦労を感じさせない、平和なお顔、行動・・・
元もとの性格?育った環境なのでしょうか??

いずれにしても、チビもそのご家族も、
モカバニ家も、こうして再会の時を重ね、
絆がさらに深まって、よかったですネ!!
まだまだこれからも応援しています!

レジーナ、チェックしていました!!
お天気残念でしたね~。
モカバニ家も行ける距離?? 
リベンジする時はご一緒しますよ~(笑) 

v-286ともまさん
 「ボク、さば読み過ぎちゃったv-356」BYチビ
 山でビシバシ鍛えられていたみたいっすv-91
 
 チビにセンターをちゃっかり取られ
 いじけ気味のバニラだったっす。
 それとは対照的に端っこで固まるモカe-263
 やはり主役はチビみたい。
 「W茶くん達は私を囲んでくれるわよねv-392」BYバニラ





v-28682ママさん
 ありがとうで~すv-411
 福島でも南の方なのでまだ距離的にはそんなに
 遠くないんだろうけれど
 なんせ日頃、長距離走らない我が家だから
 エラク遠く感じたっすv-356

 チビの飼い主さんが「これも運命だ!」と仰ってたの。
 確かにチビがレスキューされたのも運命v-352
 そして我が家に来たのも運命v-352
 さらにこうやって飼い主さんと再会出来たのも運命v-352
 運命のもと、福島の方々と絆を深める事が出来る事
 本当に嬉しいっすv-364
 いつも応援ありがとうねv-364

 やっぱりチェックしてたのねv-410
 きっと3Bちゃん達ならばドッグランで
 思い切り弾けてくれるよv-218 
 キャンプサイトもあるしねv-391
 今度お里帰りする時、一緒に行こうe-343

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP