プロフィール

モカバニママ

Author:モカバニママ
2002.10.17生まれのMochaです。
性別は一応♂です。
食べる事が大好き!
2016.05.19逝去(13歳7ヵ月2日)


2004.5.31生まれのVanillaです。
性別は一応♀です。
抱っこされる事が大好き!
2016.06.11逝去(12歳11日)


生年月日不明のTartです。
性別は一応♂です。
2011年4月、福島第一原発がある大熊町でレスキューされ
縁あってここ湘南で暮らす事になりました。
ナデナデしてもらう事が大好き!


2016.10.08生まれのChiffonです。
性別は♀です。
今のところは目につくもの
全てかじる事が大好き!


管理人:モカバニママ
     ホリスティックケア・カウンセラー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Necklace Island~ランギロア島の旅 《島内ロケハン・ツアー編》

今日も朝から見事な青空が広がっている
1267.jpg




今回はランギロア島のメインの島を観光案内してもらうツアーに参加
ランギロア島の詳細についてはこちらをご参照下さいね





ガイド役はこの島に20年以上住んでいる西村さん
(HPはこちら
まずはホテルのすぐそばにあるティプタ・パスへ
パスとは外洋と珊瑚で囲まれたラグーンを結ぶ水路のこと
朝と夕方、野生のイルカを観ることが出来るらしい
1268.jpg





ティプタ港から見た我々が泊まっているホテル
1269.jpg





お次はホテル方向へ戻りもう少し先に行った所にあるパブリック・ビーチ
1273.jpg
村のイベントなどがここで行われたりするらしいよ




右を向いても、左を向いてもだーーーーーれもおりませんがな
1271.jpg
まぁ~現地時間月曜日の午前中ってこともあるけれど
こんな綺麗なビーチを独り占め!!




ちゃんと船着場もある
1272.jpg




こんな木陰で休んだら気持ちいいだろうなぁ~
1270.jpg





さらに先に進むと発電所があり
1275.jpg





もっと進むとこれが警察署
1310.jpg





警察署のすぐそばにあるのが日本の中学に相当する学校
(フランスと日本では学校の教育制が違う)
1276.jpg
ここまで通いきれない離島の子供達のために寄宿舎もあるんだって






道路の道端に何気なくあったティアレ畑
1274.jpg




西村さんが手にしているのは村では珍しい野生のマンゴーだって
1280.jpg




そしてこちらが、ロケハンツアーのガイド役でもある
西村さんの写真館=フォト・ライロア
1278.jpg





グーちゃんっていうかなりシャイなワンコがお出迎えしてくれたよ
1277.jpg





こちらが風通しの良いスタジオ内
1279.jpg





一息ついてまた先に進むと村唯一のガソリンスタンドがある
1292.jpg




このガソリンスタンド、驚くなかれ~
とにかく色々な物を売ってる
外には園芸用品や掃除用品
1293.jpg





中に入ると、棚いっぱいに並んだお菓子類や
1294.jpg




サングラスや釣り用品や
1296.jpg





アイスコーンまで(笑)
1297.jpg





島にはワンコが多いせいか首輪も
でも、首輪してるワンコをまだ見かけてないんだけれど・・・
1295.jpg





レジ周りにも細々した物が所狭しとこんなに沢山!!
1298.jpg
日本でも最近、コンビニが併設されているガソリンスタンドを見かけるように
なってきたけれど、ここランギロアでは既に日本の先をいっていたとは





さ~てまた道路に戻ると、こんな微笑ましい風景が
1288.jpg




鶏の親子を見送った後、いよいよアバトル村の中心部に入って行く
こちらは村役場 木彫りのイルカ像が可愛い
1286.jpg





2階建てのこの建物は小学校
1287.jpg
村役場が平屋建てなのに、小学校が2階建てなのは
津波被害時の緊急避難先になっているためらしい




ちゃんとスクールバスもあるよ
1285.jpg




そしてついにアバトル村の最先端
アバトル・パスに到着
1282.jpg





みんな自分達の食材を釣りに来てるんだって
1283.jpg





このナポレオンフィッシュは今宵のおかずになるのかな?
1281.jpg




この麻袋の中身はココナッツの実をくり抜き乾燥させたもの
これからココナッツオイルやモノイオイル
ココナッツ石鹸etc色々な物に加工される
貴重な現金源になるらしい
1284.jpg







ここで、ロケハンツアーは一旦終了
この後、ランギロアで唯一の黒真珠養殖場がある
『ゴーギャンズ・パール』へ
平日であれば、養殖場の見学も出来るよ
しかーし、養殖場には見向きもせず
併設されているショップへ直行
1289.jpg
一口に黒真珠と言っても、グリーンがかった黒
ピンクがかった黒、また大きさ、形など本当に様々なのだ
この中から自分の好みと予算にあった黒真珠を選んだら
その場でピアスやネックレスetcに加工もしてくれる
(ただし、ものによっては翌日仕上がりになる場合も)
もちろん、既にデザイン加工された黒真珠もあったよ




以前、こちらで働いていた西村さんが
買い物の手助けをしてくれる
1290.jpg
美味しいオヤツをガラス越しにして「待て!」と
お預けされている我が家のワンコ達のように
黒真珠をガン見する私
ヤバイよ、涎が




選ぶこと約2時間
実際に身につけた黒真珠を撮ってくれたよ
1291.jpg
右手を高々と挙げているのは・・・・・
以前こちらのお店を訪れた某有名女優さんの
手が綺麗に写るための撮影テクを西村さんから教えてもらったから
撮影直前、心臓より高く手を挙げ血の気を引かせ
撮影する瞬間下げると綺麗な色で写るんだって
まっ、私の場合手の形からしてすでにヒドイもんだけれどね
ちなみにこちらのショップ、カード払いOKだよ





あとはホテルに送ってもらうだけのはずなのに・・・・
今度はランギロア産ワインと蜂蜜を求めて
またまた西村さんにお店巡りをお願いする
1302.jpg





地元のスーパーって面白い
1303.jpg
ヒナノビールも買い込み、ようやくホテルに戻る





そして夕方、噂の野生のイルカを観に歩いてティプタ・パスへ
1304.jpg
ホテルのレセプションで聞けば「今日はイルカ○○時くらいに観られるよ」
って教えてくれる





外洋側の海の上を飛ぶ鳥
1305.jpg





そして待つこと約40分、やっとイルカが跳ねるところを観れた
1306.jpg
(写真をクリックしてもらうと大きくなります。撮影技術が無いためイルカの姿は写せず
矢印の水しぶきがあがっている所がイルカが跳ねた場所
すぐそばにいるボートはドルフィン・ウォッチング・ツアーのボート
後に、このツアーに参加された方から聞いたお話では
水族館で調教されたイルカのように何メートルも高くジャンプすることは無く
ちょっと海面からはねる程度らしい





ホテルに戻ればもうサンセットタイム
1307.jpg





東の空を見上げれば、うっすら月も出ていたよ
1308.jpg




タヒチアン・ダンス・ショー編につづく・・・・
スポンサーサイト

<< Necklace Island~ランギロア島の旅 《タヒチアン・ディナーショー編》 | ホーム | Necklace Island~ランギロア島の旅 《癒し編》 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP